大阪、豊中、服部の都市型介護付有料老人ホーム「クルーヴ豊中・服部」のスタッフ紹介

大阪、豊中、服部の都市型介護付有料老人ホーム「クルーヴ豊中・服部」のインタビュー

大阪、豊中市、服部の都市型介護付有料老人ホーム「クルーヴ豊中・服部」の介護福祉士インタビュー

まずお話を聞くことからはじめます
コミュニケーションの最初は声かけ、笑顔です。それに応えていただいたら、次は傾聴。お話を聞くことを大切にします。特に入所して間もない入居者様のお話をお聞きするのは大事なことだと思います。入居者様はもちろん望んで、ご納得してこちらにいらっしゃるわけですが、やはりご家族とわかれて暮らすことに少なからずショックを受けておられることが多いのです。そのお気持ちを丹念にじっくりとお聞きすることで、ご自身も気持ちが楽になり、私達がその気持を受け止めることで、コミュニケーションが生まれ、信頼関係が築かれていくのです。ともに生活している家族なのだという感覚を共有できるようになれば、毎日を楽しんですごしていただけるようになります。最初はさみしそうにしておられた方も、今ではお正月もここで過ごしたいとおっしゃっていただいています。
わがままは安心のしるし
家族だと思えば甘えも出るし、わがままも出ます。でもいきいきと過ごしている人間が一緒にすごしていれば、笑うこともあれば怒ることもあって当たり前だとも思うのです。活力のある人生を生きているからこそ気持ちの動きがあるのだと思います。高齢者だからおとなしくて物静かということはありません。大人数で生活しているわけですから、過度の要望はむずかしいのですが、そのお気持ちはきちんと受け止めたいと思います。

大阪、豊中市、服部の都市型介護付有料老人ホーム「クルーヴ豊中・服部」のインタビュー

24時間の安心をご提供するのが看護師
入居者様の体調管理が中心です。高齢であることはもちろん、何らかの持病をお持ちの方がほとんどですから、提携している医療機関との連絡や相談は欠かせません。担当医の先生の指示にしたがい、処方されたお薬を管理して、きちんと服薬しておられるかの確認もいたします。血圧や体温のチェックは定時ごとにおこないますが、空気が乾燥し、寒暖差が大きくなる冬は特に注意が必要です。ご希望があればメールでご家族に入居者様の様子をお伝えすることもしています。医療機関に勤務している看護師よりも、生活の細かなシーンに触れることの多い環境ですので、一人一人の様子を丹念にご連絡でき、ご家族に安心していただいています。

問い合わせ0120-516-015

クルーヴ豊中・服部 〒561-0851 大阪府豊中市服部元町2丁目7番15号

ページの先頭に戻る