大阪市東成区今里の都市型介護付有料老人ホーム,認知症対応グループホーム「クルーヴ・ロジュマン今里」のスタッフ紹介

大阪市東成区今里の都市型介護付有料老人ホーム,認知症対応グループホーム「クルーヴ・ロジュマン今里」のインタビュー

大阪市東成区今里の都市型介護付有料老人ホーム,認知症対応グループホーム「クルーヴ・ロジュマン今里」のインタビュー

あなたの笑顔を見ているとホットします。
いつも元気をくれてありがと。
入居者様の言葉はいつも心の中に。

人の役に立つ仕事、人と接する仕事がしたいと思い、福祉の仕事を選びました。
入居者様の役に立つこと、心の支えになること、健康を守ること、そのためには「気づき」が大切なのだと、本当にそう思います。
入居者様が、ご自身の体調の変化を正確に具体的に、職員に伝えられるとは限りません。入居者様がご自分の体調の変化に気づいていないこともめずらしくありません。
細やかで速やかな体調管理のためには、わたしたちスタッフが、入居者様の日々の様子に気を配り、気づいたことをスタッフ間で共有することが大切なのだと思います。私たちが入居者様に信頼されること、受け入れてもらえることも大事だと思います。入居者様のためにしていることでも、押し付けのように感じられては、入居者様は毎日を楽しく暮らすことができません。
そのために私は、日々笑顔でいることを心がけています。
以前、利用者様に「あなたの笑顔を見ているとホットします。いつも元気をくれてありがとう」と嬉しい言葉を頂いた事は忘れられません。私のほがらかさが、入居者様にも伝わっているのだと実感しました。 いままで以上に入居者様に快適にすごしていただくためにも、もっと経験をつんで、将来的には社会福祉士を目指したいと思います。

大阪市東成区今里の都市型介護付有料老人ホーム,認知症対応グループホーム「クルーヴ・ロジュマン今里」の介護福祉士インタビュー

認知症の入居者様の共同生活を
サポートするには笑顔が大切です。

認知症の祖母の姿を見て、何か役に立つ仕事がしたいと思い、この職業をえらびました。認知症の入居者様の介護には、やはり細やかな配慮が必要だと思います。認知症の方は記憶が混乱している場合、言葉の意味がわからなくなる場合などがあり、なぜこの人は気分を害されているのだろう、なぜ元気がないのだろう。と私達の方で配慮する必要があります。
症状がはげしいときには、突然怒り出したり、ものを盗まれたと思い込んだり、ということもあります。それでも、普段は私達スタッフに気をつかってはげましていただいたり、やさしい言葉をかけていただいたりしています。入居者様が楽しそうにしておられるのを見ていると、私達も元気になります。

大阪市東成区今里の都市型介護付有料老人ホーム,認知症対応グループホーム「クルーヴ・ロジュマン今里」の介護福祉士インタビュー

声かけをくりかえすことで
物忘れのはげしい入居者様に名前を覚えてもらいました。

勤めだした最初は、やはり入居者様から警戒されていたように思います。それでも毎日笑顔で声かけをくりかえすことで次第に打ち解けることができたと思います。私の祖父も認知症ですので入居者様の思いがけない行動にも耐性があったのかも知れません。認知症の方は、記憶力や判断力が低下したり、行動が不安定だったり、日常生活に支障をきたす場合が多いのですが、ここでは24時間、私達がサポートすることで、明るく元気にすごしていただいています。今後はさらに介護の技術や知識を磨き、介護福祉士の資格に挑戦したいと思います。

問い合わせ0120-516-015

クルーヴ・ロジュマン今里 〒537-0013 大阪府大阪市東成区大今里南2丁目20番3号

ページの先頭に戻る