能力の差は意識の差

介護という仕事は人と人とのつながりが特に大きな要素をしめる職業です。せっかくの技術も知識も、対人関係をうまく構築できなければ力を発揮できません。
人は誰しも豊かな感情と知識経験を備えています。ましてそれが高齢者ともなれば、私達よりも広い体験に裏付けられた個性をお持ちです。
そういった方々に「介護」を通じて接していく時に、大切なのは「洞察力」です。その人がどう考えておられるかを「気づく」ことです。何を望んでおられるのか、どのように感じておられるのか。そのことに気づけば気づくほど、より満足度の高いサービスと、密接な信頼関係を築けるのです。クルーヴは入居者様にとって、まるで陽だまりの中にいるような優しさに包まれた、あたたかなお家でありたいと思っています。私達とともに、本当の安堵感を提供できる介護サービスをめざしませんか。

代表取締役社長    梁本  哲司